産後の抜け毛が激しすぎるので調べて見た【いつまで続く?対処法は?】

スポンサーリンク

息子が生まれて3か月。

無事にすくすく育ってくれて日々、嬉しい思い出いっぱいで過ごしている私。

最近、とっても気になることがあります。

そうです。それは、抜け毛!!

友だちの先輩ママから「産後は抜け毛がすごいよ」と話を聞いたりして、予備知識はあったのですが、こんなにもすごいなんて正直びっくりしています。

掃除も大変だし、ぱっと見た感じの髪の量も減ってきていて少し悲しい気持ち…。

なんだか腹立たしく思ったので、抜け毛について調べてみたのでまとめたいと思います。

産後はなぜ抜け毛がすごいの?

こんなにも抜け毛がすごいと、何が原因でこんなことになっているの?ととても気になったので、まずはそのことについて書いていきます。

いくつか要因があるので、あげていきますね。

ホルモンバランスの乱れ

1番大きな原因とされているのが、ホルモンバランスの乱れです。

妊娠中の女性の身体にはエストロゲンプロゲステロンという女性ホルモンが、増加します。

女性ホルモンは髪にツヤを与えてしっかりした毛を促進したり、抜けにくくする効果があるといわれています。

しかし、出産を終えると一気にそのホルモンが減少します。

それが原因で、髪の毛が抜けやすい状態になるそうです。

ストレス

ストレスも抜け毛の原因になるという研究もされています。

慣れない育児や環境・体調の変化にお母さんたちは 多かれ少なかれストレスを感じているかと思います。

実は、それも抜け毛の原因になっているんです。

産後のストレスからの円形脱毛症になることもあるそうです。

あまりにひどく髪が抜けるようならばお医者さんに相談してくださいね。

いつまで続くの?

産後の抜け毛はホルモンの影響でしょうがない。

しかしいつまで続くのか、もしや永遠このままなのか、 と不安に思ってしまう方もいるのではないでしょうか。

産後に髪が抜けるのは、 加齢による毛根の衰えで起きたものとは異なります。

女性ホルモンが影響して抜け毛が増えるだけなので、 だいたい2~6か月をピークにして 6か月~1年ごろにはおさまってくる人が多いです。

しかし、個人差はありその人その人それぞれなので、 だいたいの目安に思っておくことがよいでしょう。

また、母乳で赤ちゃんを育てている人は少し遅い傾向にあるそうです。

母乳を作るのに必要なプロラクチンというホルモンが分泌していて、 それが女性ホルモンの分泌を抑えるのが原因といわれています。

対処できる方法はある?

そこで知りたいのは抜け毛への対策ですよね。

抜け毛の予防について調べるとたくさんの対策方法があったので ひとつずつ詳しくみていこうと思います。

睡眠時間を確保する

短い睡眠時間は産後の抜け毛に かなりの影響をもらします。

眠れば改善されるという簡単なことですが、 絶賛育児中の身としてははなかなか難しいことですよね。

意識をしてお昼寝をするようにしたり、少しでも睡眠時間が確保できるように心がけると良いでしょう。

この際に生活習慣を見直してみてはいかがでしょうか。

 

シャンプーを変えてみる

産後は頭皮もデリケートな状態になっています。

ですので、 できるだけ頭皮に負担がかからないようにするのも脱毛を予防するひとつの手です。

 今使っているシャンプーから頭皮に負担が少ないシャンプーに変更するのも抜け毛の対策になります。

産前産後にぴったり
Dolci Bolle amanna シャンプー&トリートメント

 

髪の毛を短くする

産後は思いのほか、自分の時間がとれないもの。

トリートメントなどでゆっくりヘアケアをする時間もなければ、 もはや乾かしている時間もない!という方も多いでしょう。

そんな人は、思いきって髪の毛を切ってみてはどうでしょう。

髪が短いと頭を洗うのも乾かすのも短時間ででき、 頭皮にかかる負担を減らすことができます。

また、髪が短くなると抜け毛が目立ちにくくなるので、こんなにも抜けてしまった…と感じること減るかと思います。

そのため、気持ち的に少し楽になるかもしれません。

掃除も楽になりますよ。

かりんと
かりんと

私も思いきって、切っちゃいました♡

ドライヤーをあてすぎない

ドライヤーの当てすぎは、デリケートになっている頭皮に熱を加えかなりのダメージを与えます。

温風をなるべく遠くからあてるよう意識したり、しっかりタオルドライをするなどできるだけ使用時間が短くなるように工夫するといいでしょう。

とはいえ、自然乾燥にしてしまうとより抜け毛を増やす要因となります。

頭を洗った後は、しっかり髪を乾かしましょう。

バランスの良い食事

子どものことが優先となってしまい、 お母さんの食事がおろそかになっていませんか。

抜け毛を予防するためにも、 バランスの良い食事は大切なポイントとなっています。

特に取り入れてもらいたいのは 大豆お肉たまごなどのたんぱく質を含んだ食材です。

たんぱく質は髪の毛を作る原料となります。

また、わかめ昆布などの海藻類はミネラルがたくさん含まれているのもおすすめです。

髪の毛にツヤを与え、しっかりしたものにさせる働きをするのでね。

葉酸を摂取する

妊娠中に飲んでいた葉酸のサプリ余っていませんか?

葉酸サプリの摂取も抜け毛に効果的だそうです。

葉酸はたんぱく質の生成を促進する役割をもっています。

前述にも書いたとおり、たんぱく質は髪の毛を作る原料となります。

たんぱく質を作るのを応援してくれる作用が葉酸にあるので サプリが余っている方はもちろん、 それ以外の人も取り入れて欲しい栄養素です。

実は、厚生労働省では妊婦だけでなく、 授乳婦も葉酸の摂取することを推奨しているんですよ。

\私が飲んでる葉酸サプリはこちら/

ヘッドスパをする

ヘッドスパは、頭皮の血管が刺激され 循環が良くなり抜け毛へ直接影響をします

またリラクゼーション効果も得られるため、 ストレスの軽減にもなって抜け毛予防になります。

かりんと
かりんと

家事や育児のご褒美にたまにならいいよね?

まとめ

いかがでしたでしょうか。

なぜ産後は抜け毛が気になるのか、いつまでつづくのか、その対策方法が理解できましたか。

私はもしこのまま髪が抜けていってなくなってしまったらどうしようと、少し考えていたので一時的なもののようなので安心しました。

ついつい自分を後回しにしてしまいがちな産後。

お子さんもお母さんがきれいだと嬉しいはず、もちろん自分や家族も… 少しの意識づけで対策もできるので、これをきっかけに 挑戦してみてはいかがでしょうか。

今回の記事の内容をまとめておきます。

  • 産後の抜け毛はホルモンやストレスが要因となっている
  • ただし抜け毛がひどい場合は円形脱毛症も疑われるため、病院へ
  • 産後の抜け毛は一時的なもので、1年後には大概の人がおさまる
  • 母乳育児の場合は、抜け毛の期間が長いこともある
  • 産後の抜け毛はさまざまな方法で対処できる

コメント

タイトルとURLをコピーしました