赤ちゃんとおでかけ「やけど」に気を付けて!注意点を解説

赤ちゃんとおでかけ やけどに気を付けて!
スポンサーリンク

夏場に赤ちゃんと一緒にお出かけするときに、気を付けなければいけないこと。

日焼けに虫よけ、熱中症…

いろいろありますが、やけどにも気を付けなければいけないことをご存じですか?

見落としがちですが、気を付けたいやけど、今回はその赤ちゃんとおでかけのやけどについて紹介します。

夏場は要注意⁉おでかけ中にやけど?

夏場は要注意⁉おでかけ中にやけど?

やけどは、熱いものに触れることで皮膚が損傷を起こす状態をいいますよね。

赤ちゃんはおでかけするときにはベビーカーや抱っこひもで危険からは守られているから大丈夫!と思うかもしれませんが、実際はそうではありません。

何にでも手を伸ばしてしまう赤ちゃん、夏場のおでかけにはやけどの危険がたくさん。

安全と思いがちのベビーカーにもやけどの危険性が潜んでいます。

しかも、赤ちゃんのお肌は薄くデリケート、大人よりも重症化しやすいのでとっても危険!/p>

ということで、次で具体的な注意ポイントを紹介します。

 

赤ちゃんのやけど危険ポイント

赤ちゃんのやけど危険ポイント

ここからは、赤ちゃんとおでかけで注意して欲しいやけどポイントを紹介します。

ベビーカーの金属部分

炎天下の屋外に長時間ベビーカーを置いていると、金属部分が日光で熱くなり触るとやけどの恐れが。

今暑いなぁ…と感じたら、ベビーカーに乗せる前に必ず触ってチェックしましょう。

かりんと
かりんと

触って熱いときは、水でしぼったタオルで巻くとだんだん冷えてくるよ

車やチャイルドシート

車やチャイルドシートの金具も炎天下で高温になるので危険です。

赤ちゃんが車に触れないように注意をはらったり、ベビーカー同様にチャイルドシートに乗せるときは触って熱くないかを確かめてから乗せましょう。

チャイルドシート用の遮熱カバーが売られていたりもします。

かりんと
かりんと

シートベルトの金具は忘れがち、気をつけて!

バッグの金属部分

持ちてやバックルなどのお母さんのバッグの金具も見落としがちですが、熱くなりがち。

キーホルダーのチェーンでやけどをするケースもあるそうなので、要注意です。

かりんと
かりんと

赤ちゃんってファスナーとかチェーンとか好きだしね…

公園の遊具

コンクリートやアスファルトの表面も日光で高温になっていることも多いです。

すべり台やジャングルジムなどの遊具の手すりや金属部分にも注意が必要。

遊ぶ前は必ず親が触って、安全か確認してから遊ばせる習慣をつけることがおすすめ。

かりんと
かりんと

なんでも触らせる前に親が確認しよう

 

日焼けでやけどになることも

日焼けでやけどになることも

お肌が薄くて、デリケートな赤ちゃん。

実は、日焼けをするだけで、やけどになることもあります。

おでかけには、日焼け止めを塗ったり、肌の露出を控えるなど日焼け対策を行いましょう。

♡参考記事 赤ちゃんの紫外線対策 ~気をつけたい4つのこと~

\安心して使える日焼けどめの記事/

 

赤ちゃんとおでかけでのやけど まとめ

赤ちゃんとおでかけでのやけど まとめ

いかがでしたでしょうか。

夏場の赤ちゃんとのおでかけは、気にかけないといけないことがたくさんで大変。

しかし、なってしまってからでは遅いので心の片隅にやけどをする可能性があると記憶しておでかけを楽しんで欲しいと思います。

\ママ、虫さされも気をつけて!/

コメント

タイトルとURLをコピーしました